サイト内検索
- 文字サイズ +
Technology

保護等級IPコード

    防水・防塵の程度について等級で表されたIPコードというものがあります。IPコードはJIS C 0920(IEC60529)で電気機械器具の外郭による保護等級として規定されています。IPの後の2つの数字が保護等級を表し、第一特性数字は、外来固形物(粉塵)に対する保護等級,第二特性数字は水の侵入に対する保護等級を表します。この保護等級は、標準化された試験によって検証されます。

    IPコード表示例(JIS C 0920,IEC 60529)
     IPコード

    IPコード一覧(第一特性数字)

    第1特性数字 外来固形物に対する保護等級
    要約 定義
    0 無保護
    1 直径50mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。 直径50mmの鋼球全体が侵入せず、かつ、鋼球と危険な箇所との間に 適正な空間距離を確保しなければならない。
    2 直径12.5mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。 直径12.5mmの鋼球の全体が侵入してはならない。
    3 直径2.5mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。 直径2.5mmの試験棒が侵入せず、かつ適正な空間距離を確保しなければならない。
    4 直径1.0mm以上の大きさの 外来固形物に対して保護している。 直径1.0mmの試験棒が侵入せず、かつ適正な空間距離を確保しなければならない。
    5 防塵形 塵埃の侵入を完全に防止することはできないが、電気機器の動作および安全性を阻害する量の塵埃の侵入はあってはならない。
    6 耐塵形 塵埃の侵入はあってはならない。

    IPコード一覧(第二特性数字)

    第2特性数字 水の侵入に対する保護等級
    要約 定義
    0 無保護
    1 鉛直に落下する水に対して保護する。 鉛直に落下する水滴によっても有害な影響を及ぼしてはならない。
    2 15度以内に傾斜しても鉛直に落下する水滴に対して保護する。 外郭が鉛直に対して両側に15℃以内で傾斜したとき、鉛直に落下する水滴によっても有害な影響を及ぼしてはならない。
    3 散水に対して保護する。 鉛直から両側に60度までの角度で噴霧した水によっても有害な影響を及ぼしてはならない。
    4 水の飛まつに対して保護する。 あらゆる方向からの水の飛まつによっても有害な影響を及ぼしてはならない。
    5 噴流に対して保護する。 あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはならない。
    6 暴噴流に対して保護する。 あらゆる方向からのノズルによる強力な噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはならない。
    7 水に浸しても影響がないように保護する。 規定の圧力および時間で外郭を一時的に水中に沈めたとき、有害な影響を生じる量の浸入があってはならない。
    8 潜水状態での使用に対して保護する。 関係者間で取り決めた数字7より厳しい条件下で外郭を継続的に水中に沈めたとき、有害な影響を生じる量の水の浸入があってはならない。

    朝日電装の要素技術
    • 盗難防止技術
    • 通信技術
    • センサー技術
    • 防水・防塵技術
    タグ :
    ページの先頭へ