サイト内検索
- 文字サイズ +
Event
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

第46回東京モーターショー2019

    朝日電装グループは50年以上にわたる歩みの中、電装部品やロック部品などの設計、開発、製造、サポートを通して世界のお客様と共に実績を積み上げ、グローバルな信頼を築き上げてきました。当社のコーポレートスローガンであるOpen the Wayの精神のもと、文化の違いを超えて世界から"Cool"と評価して頂けるHMI(Human Machine Interface)製品を提案し続けることが、朝日電装グループの使命です。

    今回の東京モーターショー2019では、「Find New」を出展コンセプトに、当社のことをご存知でない方には当社の存在や事業内容を、また当社のことを既にご存知の方には改めて当社の幅広い守備範囲を知っていただく展示を行います。

    展示紹介

    モーターサイクル搭載製品

    モーターサイクル向けハンドルスイッチの製造からスタートした当社は、モーターサイクル向けの電装部品やロック部品の開発、設計を多く手掛けており、当社の製品は国内、海外問わず数多くのお客様のモーターサイクルにお使いいただいております。本展示では、モーターサイクル向けに当社が長年培ってきた幅広い製品群をご紹介いたします。

    マリン向け(船舶向け)、建設機械、農業機械など向け製品

    モーターサイクル向け部品の開発で培われた技術は、マリン製品や建設、農業などの産業機械向け部品に応用され、さらに鍛えられました。その信頼性から高い評価をいただいており、これらの部品は当社の事業の柱に成長しています。本展示では、当社の新しいモーターサイクル向け製品、マリン製品および産機向け製品をご紹介いたします。ぜひ触って、その感触を確かめてみてください。

    照明連動型ハンズフリーロックシステム

    ロック部品の開発を手掛ける当社は、モーターサイクル向けに特化したスマートキーシステムを提供しています。これはモーターサイクル特有のロック機構と無線通信を連動させたロック制御システムです。キーレスエントリーはもちろん、電動化されたステアリングロック、タンクキャップなどをCAN、LINなどの車載通信で連携させ、さらなる利便性を追求しました。今回は利便性向上のコンセプトのひとつとして、「照明付ハンドルスイッチ」などライダーの日常に光の彩りを加えたシステムを提案いたします。ぜひ体験して、感想をお聞かせください。

    朝日電装展示ブース

    朝日電装ブースは、東京ビッグサイト 西展示場 W3606です。
    皆さまへ当社の技術の紹介ができることを楽しみにしております。

    第46回東京モーターショー2019 開催概要

    名称 第46回東京モーターショー2019 [The 46th Tokyo Motor Show 2019]
    主催 一般社団法人 日本自動車工業会(JAMA)
    会期 2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝)
    開場時間(一般公開日) 月~土曜日 10時00分~20時00分
    ※10月25日(金)は14時00分~
    日曜日、祝日 10時00分~18時00分
    入場料(一般公開日) 一般 2,000円(前売1,800円、日曜・祝日除く16:00以降(当日会場売)1,000円)
    高校生以下無料 障がい者手帳をお持ちの方(要手帳提示)、本人及び付添者1名(車いす利用者の場合2名まで)無料
    会場 東京ビッグサイト(公式サイト

    詳しい情報は東京モータショー公式サイトをご覧ください。

    投稿日:
    タグ :
    ページの先頭へ