サイト内検索
- 文字サイズ +
Company

拠点紹介

本社工場

70名の技術陣と多品種少量生産に対応する工場を統合した本社工場は、付加価値の高い製品づくりのホームベースとなっています。

磐田工場

試作・金型・樹脂成形および製造部門を置く磐田工場は、次世代の技術開発を担う戦略拠点です。

タイ:ASAHI DENSO R&D ASIA CO.,LTD.

ASEANの開発拠点として、2016年1月に設立しました。 ASEAN市場のニーズに合った製品をいち早くリリースする為に開発の現地化を進めてまいります。 モーターサイクルを中心に輸送機器 のハンドルスイッチ、メインスイッチなどの電装部品やロック、タンクキャップなどの 製品の開発を行い …

タイ:THAI ASAHI DENSO

アセアンの生産拠点として、1997年2月に設立。2輪車を中心に輸送機器用の各種スイッチ、ロック、タンクキャップなどを製造、販売しています。生産工程の改善活動の強化を図りながら品質の向上に努め、製品の信頼性はお客様からも高い評価をいただいています。

インドネシア:PT. ASAHI DENSO INDONESIA

2005年5月より稼働開始し、2輪用のハンドルスイッチ、メインスイッチ、キー、ロックなどの製造・販売を行っています。2010年5月には、第二工場の稼働を開始。樹脂成形や亜鉛ダイキャスト加工のための設備をさらに充実させ、世界有数のモーターサイクル生産国の需要に高品質で応えています。

台湾:朝陽電装股份有限公司

朝日電装初の海外拠点として、1987年より稼働開始。2輪用のハンドルスイッチ、レバーホルダー、メインスイッチ、タンクキャップなどを設計、製造し、台湾国内をはじめヨーロッパ・南米の各地へも輸出を行っています。

ベトナム:ASAHI DENSO VIETNAM CO., LTD.

ベトナム国内向け2輪用の生産基地として、2006年に稼働開始。半世紀にわたる朝日電装の歴史の中で培われてきた技術を土台に、QCD(品質、コスト、納期)においてはもちろん、市場競争力を持った製品づくりに取り組んでいます。

ページの先頭へ